ゴールドラフランス

昭和30年代に山形県の農業試験場で発見されたもので、別名「金系」ラフランスとも呼ばれる品種です。栽培が難しいため、栽培農家は少ないものの味は通常のラフランスより上とされています。生産量が少なく、本場山形県でも希少品扱いされているこのゴールドラフランス。機会があればぜひ試してみたい品種です。