シルバーベル

18世紀のはじめからヨーロッパで栽培されていた品種で、ラフランスの親にあたります。やや酸味が強いのが特徴で、現在はおもに缶詰や洋菓子等の加工用に使われています。