マルゲリット・マリーラ

19世紀フランスで発見されたもので、9月には食べごろになる早生種。酸味が少なく、果汁が多いのが特徴です。500g以上にもなる大型品種で、なかには1kgを超えるものもあります。