ラフランス

あくまでも推測ですが、理由は気候風土など環境の違いにあったのかもしれません。なかでも考えられる最大の要因は土壌の違いです。土壌に含まれる成分の違いが、そこに生育する植物の化学組成に影響をあたえ、結果として種の変化を促したであ

ラフランス

それにしてももともと同じルーツをもつ果物だというのに見た目はもちろん食感から味にいたるまでなぜこれほど違ってしまったのでしょうか。

ラフランス進化論——バターの洋梨とメザシの和梨

洋梨といえば、ねっとりした果肉と香

ラフランス

一見別々の果物のようにもみえますが、じつは意外なことに両方ともルーツは同じ。もともと中国原産の中国梨が、それぞれヨーロッパと日本にわたった後、枝分かれしたものといわれています。

ラフランス進化論——バターの洋梨とメザシの和梨

ラフランス

洋梨といえば、ねっとりした果肉と香水にも似た芳しい香りがおおきな特徴です。一方、和梨の特徴は、しゃりしゃりした食感とさっぱりしたジューシーな果肉にあります。

一見別々の果物のようにもみえますが、じつは意外なことに両方ともル ...

ラフランス

こうしてみると洋梨が女性の果物であり、女性の味方でもあるというのは、たんなる迷信ではなかったのかもしれませんね。というわけで、女性の皆様、美と健康という女性の願いを叶える魔法の果物・ラフランスをこの機会にどうぞお試しください

ラフランス

というのもラフランスをはじめとする洋梨には、女性にやさしい栄養素がふんだんにふくまれていることが最近の研究からわかったのです。たとえば洋梨には、骨を丈夫にし、女性に多い骨粗鬆症を予防するカルシウムや貧血予防に効く銅、さらに便

ラフランス

 形は女神の乳房、果汁はビーナスの涙ーー。そう形容される洋梨は、昔から女性的な果物というイメージでみられてきました。そういえばグラマラスな女性を連想させるその形といい気品ある香りといい、たしかにどことなく女性的な雰囲気が漂っています。 ...

ラフランス, 黒田果樹園

ラフランスの食べごろサインをお見逃しなく。指で押して「跡」が残るようになったら食べごろです。

ラフランスを美味しく食べるには、「食べごろ」を見分けることが大切です。じつは収穫したばかりのラフランスは実も固くゴツゴツした歯触 ...

ラフランス, 黒田果樹園

「え、洋梨ってこんなに美味しいの!?」。思わずそう叫んでしまいそうなのが、果物の女王と称される「ラフランス」。貴婦人を思わせる気品ある芳しい香り、クリームのような柔らかくとろける食感、そして口いっぱいにじゅわっと広がるたっぷりのあま~ ...

ラフランス

そこで、農業試験場などが研究に着手、やがて追熟のための最適な日数と温度を割り出す事に成功しました。ここに「みだぐなし」の商品化への道が開けたというわけです。もちろん、商品化にあたっては、「みだぐなし」という不名誉な名称は捨て