ラフランス

じつは、このラフランス、もともとバートレットなど他の洋梨の授粉樹として栽培されていたのですが、前述の通り、無骨な外観の上、そのまま食べても堅いばかりで誰もあえて食用にするひとはいなかったのです。しかし、その固い実を一定期間常

ラフランス

ところが、このラフランス、じつはその正体はなんと…。 かつてみんなからバカにされ続けてきた あの不細工でまずい果物、「みだぐなし」だったのです。

  …え、どうして?

ラフランスのシンデレラ物語

昭和40年代、山 ...

ラフランス

ところが、何年かたつとその山形県に突然、彗星のごとくあたらしい果物が登場しました。「ラフランス」という、いかにも都会の消費者に受けそうなお洒落な横文字の名前をもつこの魅力的な果物の登場に、地元の農家はがぜん色めきだちました。「これは売 ...

ラフランス

農家の人でさえ「ああ、みだぐなしね。ありゃだめだ。作ったって売れやしねえ」とさじを投げる始末で、地元ではだれも見向きもしないどころか、むしろみなしてその名前をはやし立てては馬鹿にするようなありさまでした。

ラフランスのシンデレラ ...

ラフランス

昭和40年代、山形県に一風変わった名前をもつ果物がありました。その名は、「みだぐなし」。「みだぐなし」とは、地元で不美人を意味する言葉なのですが、たしかにそれは見た目にもごつごつした、しかも食べてもかたいばかりで味気もなにもない魅力に ...

ラフランス

日本人の食生活は、戦後、洋風化がおおきく進みましたが、果物にかぎればそれほど洋風化は進みませんでした。しいてあげれば、バナナとメロンくらいでしょうか。けれどバナナは西洋というよりむしろ南国のイメージですし、メロンにも高級感はあってもそ ...

ラフランス

しかしながら、洋梨の消費量が伸びた理由ということでいえば、その最大の要因はやはりなんといっても「生食」の美味しさが見直されたためといえるでしょう。以前は、缶詰として甘い砂糖漬けシロップと一緒に食べるのが普通でしたが、それでは洋梨本来の ...

ラフランス

また消費量がのびたもうひとつの理由として流通網の整備もあげられます。宅配便などのトラック輸送をはじめ新幹線や飛行機による輸送手段、さらに輸送中の温度管理システムなどが進歩したことによって、生産地から比較的遠い地域でも新鮮な洋梨を手に入 ...

ラフランス

そんな状況に風穴をあけたのが地元の農業試験場です。長年の研究の末、この「保管」(追熟といいます)のための最適な条件を割り出すことに成功したのです。その結果、これまで缶詰用としてしか出荷されなかった洋梨が、生食用としても市場に出回るよう ...

ラフランス

その一方、この洋梨を一定期間常温のまま保管しておくと果肉がやわらかくなり、糖度も増し、気品ある芳香を放つようになるということは以前から知られていました。しかし、問題はその「保管」の仕方です。どのくらいの温度で、どのくらいの期間、保管し ...